血管年齢を下げるためにはコーヒー!?

血管を丈夫にするサプリ

日々飲んでいる飲み物の中に血管年齢を

下げる作用のあるものがあったらいいですよね。

 

それがコーヒーなんです。

 

海外ではコーヒーと血管にかんする研究が
すすんでいるようですが、どれくらいの量を
飲むことが適切なのかなど、こちらでは
コーヒーと血管についてご紹介します。

 

 

コーヒーのどんな成分が血管を丈夫にするのか

 

血管を丈夫にするサプリ

コーヒーといえばポリフェノールを多く
含んでいることが知られています。

 

このポリフェノールは血圧の改善などにも作用する
ことが海外の研究などでわかってきました。

 

研究ではコーヒーを毎日1〜2杯飲んでいる人、
全くコーヒーを飲んでいない人の血管の
丈夫さを比べてみました。

 

するとそこには倍以上の違いがあったんです。

 

これが毎日コーヒーを3杯以上飲む方の場合、
全くコーヒーを飲まない人の5倍以上も
血管が丈夫だということがわかりました。

 

実験は濃い目のエスプレッソを使用して
ギリシャにおいて行われました。

 

実際日本人は濃いエスプレッソを毎日飲む習慣と
いうものは根付いていませんが、毎日コーヒーを
1〜2杯飲むだけでも大きな効果が期待できるそうです。

 

また、ポリフェノール以外にもコーヒーは
フラボノイドも含有しています。

 

このフラボノイドは血管内での血の塊…つまり
血栓を解消する効果が高いともいわれています。

 

コーヒーを飲む時間帯というのは休憩時間という
方もいらっしゃるかと思いますので、気分的にも
リラックスできるのがいいようですね。

 

しかし、コーヒーを飲んでいるからといって、
食生活が乱れていては全く意味がありません。

 

日ごろから食事の内容には注意してください。

 

 

コーヒー以外にも血管を丈夫にする飲み物はあるのか

血管を丈夫にするサプリ

 

コーヒーがいくら血管を丈夫にするといっても、
やはり苦手な方もいらっしゃるかと思います。

 

そういった方々にお勧めしたい
飲み物がココアや赤ワインです。

 

このどちらも大変ポリフェノールを多く含んで
いますし、近頃では健康のことを第一に考えた
アルコール成分のない赤ワインも登場しています。

 

大変リーズナブルな価格ですので、アルコール
成分のない赤ワインを昼食時や夕食時に飲む
のもよいのではないでしょうか。

 

ココアの場合、お店などで飲む場合、砂糖や生クリームが
多く入っていることがありますので注意したいですね。

 

赤ワインというとブドウジュースを思い
浮かべる方もいるのではないでしょうか。

 

たしかにブドウジュースにもポリフェノールが
含まれていますが、ジュースにしていることで
砂糖が入っていることがありますので、体のことを
考えると毎日の摂取は控えるべきでしょう。

 

ジュースなどに使用されているのは果糖です。

 

この果糖は実は塩よりも血圧上昇の原因になるともいわれて
いますので、もちろん血管や心臓にも悪い影響を与えます。

 

ポリフェノールを含んでいる飲み物を選ぶ際には、塩分や
砂糖に十分注意して選ぶようにしたいですね。